防災訓練

 12日は、横浜市民防災センターへ行き、約1時間いろいろな体験をしてきました。

*災害シアター

巨大地震がおそったらどうなるのか。

建物崩壊、液状化、土砂災害、停電、道路寸断・・・さまざまな災害が起こるシーンはとても怖く女の子たちは指導員にぴったりくっついて見ていました。

*地震シュミレーター

震度3~震度6強の地震のゆれを体験しました。

本当の地震ではないからか、大きな揺れで怖がる子はいませんでしたが、実際に地震が来たときにどんな行動をとるべきか学べることができました。

 

 *火災シュミレーター

消火器の使い方を学び、火災が起きたことを想定して「火事だ!」と大きな声でさけび消火器で火を消す体験をしました。

視界の悪い煙の中を、煙を吸わないように鼻や口をおおい、走らず落ち着いて姿勢を低くして

 避難する体験もしました。

みんな真剣であわてることもなく、とても上手に避難できていました。

 *減災トレーニングルーム

何が起こるかわからず室内でテレビを見ていると・・・

地震発生を知らせる速報!

みんなパニックにならず落ち着いてテーブルの下にもぐり頭を守っていました。

すると停電!!

急に暗くなってびっくりする子もいましたが、懐中電灯で灯りを確保。

今度は電気ストーブから火災発生!!!

消火器の使い方を覚えたので一年生の子が消火器で火を消してくれました。すばらしいですね!

今日の感想を聞くと、減災トレーニングルームでの体験が一番良かったと言う子が多かったです。

ここでの体験を通して、万一の時に落ち着いて行動できるようになれることを期待します。

 

 

 

Please reload