Cocoroの夏休み②

Cocoroでは夏休み期間に子どもたちが楽しめるよう色んな活動を行いました。

室内では夏祭りをはじめ、水鉄砲に水風船、音楽に合わせてリトミックやダンス、Wii sports等のテレビゲーム、UNOやトランプ、人生ゲーム、野球盤ゲーム、ジェンガ、レゴブロックやLaQ‥をして過ごしました。

室内での活動では、声の大きさに気をつけること、ちくちく言葉使わないことを絵カードを使って学びました。

(室内では中くらいの声、5段階のうちの3の声、お話しするときにちょうどいい声をみんなで出して確かめ合いました)

声の大きさ、ちくちく言葉は今後もSSTで取り組んでいきます。

お出かけでは、室内展示施設、近隣の公園、ザリガニ釣り、萩中公園プール、平間児童プール、三ッ池公園、平和記念公園、川崎大師公園等色んな所へ行き暑さに負けず楽しみました。

お出かけの際は、車の中で必ずシートベルトをする事、急に走り出さない、大きな声を出さない、順番を守る、譲り合う等ルールやマナーを守ることを約束しました。

プールではウォータースライダーの順番待ちもちゃんとできて、浮き輪や水鉄砲なども仲良く譲り合っていました。

夏休みの間子どもたちと接して感じたのは「自立」と「成長」。

子どもたちは興味を持った事、自分でできることはチャレンジしたい。

今までできなかった事ができると嬉しいし、褒められるともっと頑張りたい。

私たち指導員はついつい手助けしたくなるけれど、子どもたちができる事、やりたい事を隣で見守ることも大切だと感じました。